INFORMATION企業情報

矢崎グループ 株式会社 アロー流通サービス

私たちは矢崎グループ製品の入出荷・保管・配送業務を通して
「より安全に」「より確実に」「より早く」をモットーとして 多様化する顧客ニーズの信頼確保に努めています

アロー流通サービス社訓

the guiding precepts of a company

「より安全に」 「より確実に」 「より早く」

ADSの役割environmental


矢崎グループ製品の入出荷・保管・配送業務を通して「より安全に」「より確実に」「より早く」をモットーとして、アロー流通サービスは、専業化によるグループ内の物流サービスの向上と効率化を図る役割を担っています。
人を大事にすること、荷物を大事にすることを大前提に、多様化する顧客ニーズを確実に掴み、矢崎グループの発展に寄与することを目的として、アロー流通サービスでは、以下の重点項目の推進を図っています。

  • no.1

    人、荷物の安全を最優先として、入出荷、保管、配送業務の安全性確保に務める。

  • no.2

    作業能率の向上 荷役作業の標準化とシステム化を推進し省人化と管理制度の向上を図る。

  • no.3

    配送の効率化 配送便・配送方法の改善を行い、効率的運用を図る。

  • no.4

    関連部署との連携プレー強化 ユーザー情報の早急な伝達により納入の円滑化を図る。

社長挨拶message


代表取締役 社長 髙田 久三

矢崎グループは、1941年の創業以来、「世界とともにある企業」「社会から必要とされる企業」という社是のもと、モノづくりを通じて社会に貢献したい、という一貫した想いで事業活動を続けており、(株)アロー流通サービスにおいても同様の想いのもと、「より安全に」「より確実に」「より早く」を会社としてのモットーとして、社員一丸となって販売物流事業を展開させております。

弊社では倉庫内の荷卸、検査、梱包、保管、出荷、配送業務など、現場仕事の多くを協力会社各社に担っていただくことで、社員は、計画、準備、段取り、検収等の管理を担当しております。
昨今、物流業界を取り巻く環境は、勤務時間が長く肉体的な負担も大きいなどのイメージが先行し、物流の担い手がなかなか育たない、人手不足が大きな問題となっておりますが、弊社では従業員及び協力会社スタッフの安全を第一に作業環境の改善を行い、新規システムやIoT関連技術の積極的導入を図ることで、常に安全で効率的、近い将来に予想される人材不足にも対応できる倉庫運営を目指して行きたいと考えております。

社員、会社ともに、自ら提案し、能動的に行動できる、またバット・ニュース ファーストの報告体制、コンプライアンス意識を高く持った事業活動、また将来的には矢崎グループの物流事業で培ったノウハウを活かし、独立した会社として、グループ内外問わない業務受注体制を確立し、社会への存在価値を高めていけるよう今後も努力をしてまいります。

代表取締役 社長 髙田 久三